段差解消機設置のメリット

高齢者や車イスを使用している人のいる家で、とくに注意が必要なのが段差です。段差では転びやすくなってしまい、場合によっては怪我をしてしまう恐れもあるので大変危険です。また、車イスの場合はなかなか段差を乗り越えることができず大変な場合も多々あります。そんな段差には、段差解消機を使用すると便利です。段差解消機とは、車イスに乗ったままで段差を昇降できる機械のことです。車イス利用者本人に便利なだけでなく、介助者の負担をかなり減らすことができます。電動で動く場合がほとんどで、近くにコンセントがあれば気軽に設置できます。スロープをつけるよりもスペースを使わないので、あまり広くない場所には特に便利でしょう。工事にかかる時間も短めです。何社かの企業で段差解消機を販売しており、無料見積りを行っている企業も多いのでまずは見積りを行ってみてもいいでしょう。

車いすでの移動には段差解消機が必須です

国民の寿命が延びた事で、お年寄りをよく見かけるようになりました。お年寄りの人口が増えれば、お年寄りに合わせた社会づくりをする必要があります。一般的に人は年を重ねると、身体機能が衰えて来ます。特に足の機能が衰える事が多く、自分の足で歩く事が困難になる事が良くあります。自分の足で歩けなければ、車いすに乗って移動する事に成ります。車いすと言うのは、自分の足を使わなくても移動する事が出来ますが、欠点も存在しています。車いすの最大の欠点と言えば、それは少しの段差でも動けなく恐れがあるという事です。それでは車いすに乗ったお年寄りが不自由を感じる事になってしまいますから、街や家の段差を解消する必要があります。しかし段差そのものを解消するのは難しいですから、段差があっても車いすで自由に移動が出来るように、段差のある所に段差解消機を設置するのがベターです。段差のある所に全て段差解消機を設置すれば、車いすに乗っていたとしても、不自由を感じる事無くどこへでも行く事が出来ます。

段差解消機の利用と購入

去年父親が脳こうそくで3か月間入院生活をして自宅に退院してきました。病院ではリハビリ訓練を3か月間行っていたのですが、片麻痺が残ってしまい右の身体がうまく使用できない状況でした。歩行なども自力では難しく歩行器をしようしたり、車いすを使用したりする状況で、退院前に今の自宅の改修工事などを行いました。以前は何の事もなく生活していた家が車いすでの生活になると不自由な点が沢山出てきて驚きました。一番問題でしたのが段差で、階段の段差や玄関での段差、その他家の中の階段や小さい段差など多数で、家自体をリフォームしようと考えたりしたのですが費用が高くそれほどの余裕がなかったために、段差解消機の購入を検討しました。福祉用具の専門の業者と話をしたのですが、価格はぴんきりで高いものは数百万円するほどでした。今はレンタルなどで借りることもでき、また補助金や障害者手帳で安く借りれたり出来るために、結果的には毎月のレンタルにしました。価格も安く出費は月々数千円で済んでいます。