採用管理とは、採用活動に伴う様々な業務を一元化して管理できるシステムのことを表します。主にクラウドでサービス運営するケースが増えています。その内容としては、まず応募者の履歴書の管理や選考における進捗状況の管理、また選考による絞り込みや応募者の評価などの管理となります。システムを導入することによって得られるメリットとしては、まず煩雑な業務を簡略化して管理できることで、採用コストを大幅に削減できることがあります。さらに採用のための選考に時間をかけずに済むので、有能な人材を他社へ流出させるリスクが軽減します。また、確認作業などに時間を取られることがなくなるので、面接に時間を割けることができるようにもなります。つまり、応募者に対してじっくりと取り組むことができるというわけです。

採用管理システムが可能とすること

まず管理システムを導入することで、採用活動の工数を大きく削減することが可能となります。単純な作業は極力自動化されるので、採用担当のスタッフの負担が減るというわけです。さらに、どのルートからの応募であるかも分析できるので、次回の応募の際には効率の良い募集ができるようになります。さらに求める人材像が明確になることで、応募条件を詳細に設定することが可能となり、無駄に応募者を増やすことがなくなります。そして応募者の中でも特に優秀な人材は、早期に確保することが可能です。あるいは他社へ移ったり内定を辞退することを避けるための対策も立てやすくなります。応募者の情報も社内で共有できるので、採用活動をスピーディに行えます。このような効率化が可能となるのが大きな特徴と言えます。

採用管理システムの可能性について

採用活動をスピーディに、効率的にする管理システムですが、さらにその機能は高度化されています。実際に採用した人材が、その後にどのような活動を行うのかをチェックすることで、フィードバックを得られるようにしているのです。これは企業が必要だと判断した人材が、実際に成果を生み出しているのかを確認することになります。そして思うような成果を出していないようであれば、次の応募の際に反映させることができるというわけです。求めるべき人材像を修正し、面接ではどのような受け答えをする人を選ぶのかを細かく修正するわけです。これを繰り返すことによって、次第に企業が真に必要とする人材像というものが明確になっていきます。また、予想に反して好成績を出している人材がいれば、その面接時のデータを参考にすることも可能となります。