採用管理を簡単に行うコツは、情報を一元化することです。例えば応募者からの問い合わせは、正社員やアルバイトなど様々な雇用形態にわたっていますし、応募する経路も異なります。それらを管理システム上にまとめておくことで、採用担当者が誰でもチェックできます。特に有望と思われる応募者に対しては、迅速な対応が必要となります。スピーディに対応できることで、他社へと流れることもなくなります。また面接時での質問事項などを共有しておくことで、同じ評価軸で応募者の評価ができます。面接の担当官によって異なる評価を下すことがなくなりますし、必要とする人材を的確に確保できるわけです。誰が担当しても同じような評価をして、求めるべき人材を確保できるように情報をまとめるのが簡単に行えるコツです。

どのような人材を必要とするのかを明確にすること

人材を必要とする企業にとって、どのような応募者を選べば良いのかは難しい問題です。部署によっても必要とするスキルは異なりますし、雇用形態によっても変わってきます。このように求めるべき人材像がバラバラになると、その管理も大変です。けれども採用管理システムを導入することで、効率良くまとめて管理できるようになります。さらに採用した人材がどのような活躍をしているのか、追跡調査を行うことでフィードバックを得ることができます。そこから、募集の際にどんなスキルや能力、あるいは性格を持った応募者を選べば良いのかを絞り込んでいくことが可能となります。それぞれの現場からの人事評価などの情報を管理システムでまとめることで、漏れがないように生かすことができるというわけです。

面接の時間をいかに確保するかが課題です

採用管理に時間を割かれるようになると、肝心の面接で時間を割くことができなくなります。必要なことを応募者から聞き出すことが出来なければ、適切な選別はできないものです。そこで社内での問い合わせや確認、応募者からの問い合わせや連絡は管理システムでできる限り自動化する必要があります。雑務の時間を減らすことで、面接に時間を費やせるようになるわけです。また必要な情報を引き出すための質問も、それぞれの面接官から集めた情報を元にしてまとめておくことも大事です。ポテンシャルを判断するためには、どのような考え方や視点を持つかを知る必要があります。それを聞き出すことを目的に面接時に取り組むことが大切です。その上で集めた情報を次の採用活動に生かすことで、次第に必要とする人材を的確に確保できるようになります。