採用管理方法において、新卒者向けに仕様を変更すれば、希望する人を募集することが可能です。通年で同じ方法を使用しても良いですが、その年代に合わせることが大切であり、狙い撃ちすることが大切です。条件を緩和してしまえば、幅広い人間が集まりますが、絞り込むのに苦労するでしょう。そのため、何度も選考する必要があり、時間と労力がかかります。逆に条件を厳しくしてしまえば、理想的な人が集まる可能性が高くなり、選考も少ない回数で済みます。ですが、厳し過ぎれば誰も応募しなくなるので、バランスを考えなければなりません。だから管理方法を見直す必要があり、その都度変更することが大切になります。新卒者が就職活動するタイミングに合わせて情報公開することも大切なので、のんびり準備しないようにしましょう。

募集要項を徹底し、理想的な人を集める

採用管理において、まず重視しなければならない点は募集要項になります。具体的かつ明確にすることで、新卒者はイメージしやすくなり、応募しやすい状態となります。勤務先や給与、待遇内容、仕事内容などを情報公開し、採用状況を知ってもらいましょう。会社のことを知ってもらうことも大切ですが、働くことに対する情報も知ってもらわなければならないので、簡素な情報にならないよう注意が必要です。何より、どういう人物を求めているのかを示し、条件に適する人が集まるようにしておきましょう。条件を提示しておけば、自分が応募するべきかどうか判断する材料となります。理想的な人が集まりやすい状況となるので、選考フローに力を入れずに済みます。選考における労力と時間を節約することにも繋がるので、条件で絞り込みましょう。

新卒者のために早期公開を目指す

新卒者はなるべく早くに就職活動を終わらせたいと考え、行動しています。だから、そのエネルギーを無駄にしないためにも、採用管理を素早く終わらせ、早期情報公開を目指しましょう。早目に公開しておけば、就職活動に熱心な人が集まりやすくなります。つまり、働く意志が強い証明になり、理想的な人が集まるキッカケにもなるでしょう。また、選考フローを提示しておき、いつ頃に内定がもらえるのか、どういう順番で選考があるのかを示しておき、就職活動しやすい状況にすると良いです。応募するのに悩まずに済み、説明会にも積極的に参加してくれるでしょう。情報公開は早ければ早いほど、会社を知ってもらえるチャンスが増え、他の会社よりも注目されます。スピードを意識することも大切ですが、採用管理に不備がないよう見直しすることも忘れてはいけません。

テンプグループ、インテリジェンスブランドが培ってきた、人材獲得の知恵とノウハウが凝縮された採用管理システムです。 導入事例として、工数の削減を実現させるためのOutlookとの自動連携がお客様に好評です。 こだわりの採用プロセスをカバーできる多機能採用管理システムです。 応募~選考~データ分析まで「豊富な採用管理機能」と「直感的な操作性」で、企業の新卒・中途採用を徹底的に効率化! 採用をシンプルに解決する採用管理